アーカイブ

折角ローンまで組んで買ったマンションや、戸建ての家が防水が甘かったがゆえに大きく価値が下がるのは避けたいですよね?
そこで、きちんとした業者に防水工事を頼みましょう。

防水工事とは、バルコニーや、廊下など日常的に風雨にさらされる場所に防水措置を施す工事のことを指します。
この防水工事が甘いとどういうことになるのかというと、コンクリートが風雨によってひび割れてしまったり、場合によってはぶっけそのものにダメージになります。
防水工事は、そいう意味では、あらゆる物件の保存のための工事だともいえます。

防水工事を壁などの、いわば通常の作業ではできない高所作業での工事ではあるものが必要になります。
それは、いわゆる孤児現場でよく見る足場です。この足場は、仮設の足場工事によって組まなければいけません。
この足場が適当だと、現場作業中に事故が起こってしまう可能性があります。

例え、こちらがお客さんだとしても、物件の作業中に労働災害が起こってしまってはいけません。
つまり、物件の保存状態の話どころではなくなります。
物件そのものに悪評がでてきてしまうことも考えられます。
物件保存のためには、しっかりとした防水工事が必要で、しっかりとした防水工事には足場が必要なのです。

外部リンクへ

高所作業を行なうならこちらの業者さんに相談しましょう。|高所作業車なび

カテゴリー

  • カテゴリーなし